プログラム

大会長講演

テーマ 『弱い』ままで⽣きられる社会のために−ひとりの看護学教育・研究者として
時間  12:30-13:15 (予定)
大会長 吉⽥澄恵(東京医療保健⼤学)
司会 清⽔準⼀(同上)

教育講演

テーマ 『弱い』ままで⽣きられる社会のために−ひとりの医療社会学研究者として
時間  13:20-14:50 (予定)
演者 武藤⾹織(東京⼤学医科学研究所)
司会 松繁卓哉(国⽴保健医療科学院)

大会シンポジウム

テーマ ケアの主体を問い直す
時間  16:00-18:00 (予定)
シンポジスト
  • 安齋由貴⼦(宮城⼤学)
  • ⽮原隆⾏(熊本⼤学)
  • 天⽥城介(中央⼤学)
司会
  • 三井さよ(法政⼤学)
  • 本多康⽣(福岡⼤学)

50周年記念公開シンポジウム

※この企画は、一般市民の方も含め、対面であれば、無料で当日参加可能です。直接、会場までお越しください。
なお、web参加については、50回大会の事前申し込みにてWeb参加登録をされた方にのみ限定させていただきます。

テーマ 薬害と保健医療社会学の50年
時間  13:15-15:15 (予定)
シンポジスト
  • 花井十伍(薬害エイズ大阪原告団団長、全国薬害被害者団体連絡協議会世話人)
  • 近澤昭雄(イレッサ薬害遺族)
  • 小澤温(薬害スモン調査・薬害エイズ調査、筑波大学)
司会
  • 田代志門(東北大学)
  • 佐藤哲彦(関西学院大学)